Benevityに登録するメリットは何ですか?

Benevityの無料アカウントへの登録は必須ではありませんが、推奨されている利用開始手順に従うことで、寄付者との関与の増大のほか、レポートへのアクセス、プロファイルのカスタマイズツール、基金の受け取りを効率化する支払オプションなどが利用できるため、組織に大きなメリットがあります。登録の主な手順とその目的についてご紹介します。

アカウントを登録する:Benevityのチャリティ活動プロファイルと認証ユーザーとを関連付ける最初のステップは、自分から名乗り出るか、アカウントを登録することです。

身元を確認する:Benevityのクライアント様は、このポータル内で寄付を受け取るすべての組織について、その身元を確認するようBenevityに求めています。組織のアカウント管理者としての権限があるかどうか確認するため、いくつかの情報についてお尋ねします。この手順が完了するまで、寄付者報告書を確認できません。

自己証明を完了する:Benevityのクライアント様の多くは、自社の寄付プログラムやマッチングプログラムに加えるチャリティ活動について、一般的な資格要件についての自己証明を要求しています。この手順を完了することで、あなたの組織がより広い範囲から寄付を集められるようになる可能性があります。

電子資金決済(EFT)にサインアップする:小切手処理の手数料、メールの遅延、支払の最低金額の問題を回避するために、EFTにサインアップすることを強くお勧めします。安全性が高く、時間、リソース、お金も節約できます。多くのクライアント様にとって、マッチング基金が提供される前に、基金を電子的に支払えることが必須の要件です。

プロファイルを完了する:チャリティ活動の確認が完了すると、オリジナルコンテンツを作成してプロファイルの「チャリティ活動の説明」と「簡単な要約」フィールドに公開できるようになります。ロゴのアップロードも可能になります。寄付者がプロファイルをクリックすると、まずこのコンテンツが表示されます。第一印象は非常に重要です。