チャリティ活動が現物の小切手を受け取るのに追加費用がかかりますか?

Benevityでは、クライアントの皆様のご協力を得て、電子的な支払の導入を拡大し、自動化と統合化によるチャリティ活動の効率向上を目指して努力を続けています。

チャリティが、電子決済を使用しないことを選択した場合、小切手の作成、発行、郵送などに関連する管理費および諸経費を含む、手動処理手数料を支払うことに同意します。手動処理手数料の総額は、(i)小切手1枚につき25米ドル、または(ii)現物の小切手総額の7%(最大100米ドル)のいずれか金額が大きいほうとなります。現物の小切手に対する手数料は、チャリティ活動が現物の小切手を3枚受け取ったあとから適用されます。これは、その間にチャリティ活動が寄付の電子的な支払オプションを設定できるようにするためです。この手数料は統合された寄付に対して1度のみ適用され、各寄付に個別に適用されることはありません。また、この手数料によって寄付に対する納税領収書の金額が減額されることはありません。